くも くも くも くも くも くも くも

サンライズ

虹
カリキュラム
黒板

子どもに多くの英語「体験」「ふれあい」をさせることの大切さ

We experience English at Sonrise.

abcde

子どもたちはサンライズでの日々の生活の中で、自然に英語を習得してゆきます。特にフォニックス(phonics=発音)やヒヤリング(hearing)を幼児期からふれていくことは、とても大切なことと言えます。
6才までに英語のそのままの発音を聴くことは、英語の言語能力を育てます。それ以上の年齢だと、日本語のなまりが残ってしまうと言われていますので、英語をしっかりと聴きとること、また、発音していくことは幼児期が最も良いチャンスなのです。
アメリカで信頼されたカリキュラムによって、子どもたちは少しずつ、英語を楽しく理解できるようになっていくことでしょう。 sonriseの子どもたち、バイリンガルを目指してGO!

It is common knowledge that for success in language learning one needs to be in an environment where, in the case of our Japanese students, English is both used and taught. It is also known that children readily develop good pronunciation and listening comprehension skills when they are exposed to it is at very young ages.
Young children (up to six or so years old) naturally absorb and will be nurtured in new languages without the pronunciation difficulties and phonetic problems commonly faced by older children and adults learning a second language. The importance of this in listening comprehension and speaking ability is immense.
Trusted American made curriculum materials are employed as we learn language in a fun atmosphere. The goal: a second language! Let’s Go!

音楽は本当に楽しいもの

Really,Music is Enjoyable

音符 ピアノ

子どもをよく観察していますと、2歳児でも3歳児でも、テレビでエイト・ビートの快適なリズムが流れると、自然に体が動き始める子がいます。 小学生の子どもを調査した所、聴覚に難点がある子どもに、算数の苦手な子どもが多いという結果が出たそうです。
美しい「音」とのかかわりの中から、はるかに豊かな「知的想像力」も育つことを深く信じて、子どもとともに歌い、踊り、音楽にふれていきたいものです。

Observing 2 to 3 year olds who are listening to bright, eight-beat tunes, one will notice how naturally they begin to move about in time with the rhythm. Surveys taken of elementary school age children show a correlation of familiarity with music and mathematical abilities. It is often said that music is math. We believe that familiarity with musical sounds help children develop in many ways, including in intellect and imagination. That is why we put the study of music and singing and dancing in our curriculum.